日本一周 1日目

1日目 2008年08月15日(金)
天気 晴れのち曇りのち雨(秋田県はかなりの大雨)
出発地:東京都多摩市(自宅)
宿泊地:青森県青森市(実家)
走行距離:749㎞
旅が始まった。
2008年08月15日金曜日 午前2:40
セミの鳴き声が響き渡る東京の真夏の夜を後にした。

東北の旅はしたことがあったので、両親のいる青森までは高速道路で直接向かう。
04:30 那須SA に到着。既に満車状態のSAで仮眠を摂った。
07:00 朝食を摂り 那須SA を出発した。
途中、8時に「国見SA」、9時に「長者原SA」で休憩を挟み、盛岡南ICで降りて盛岡駅方面に向かう。
「わんこそば」体験したかったから。
11:00 岩手県盛岡市 JR盛岡駅 に到着。
東北新幹線、秋田新幹線が停まる盛岡駅はとても大きな駅です。
石川啄木の筆跡で書かれた「もりおか」看板もありました。


11:05 盛岡駅前にある「そば処 東屋(駅前店)」へ。(写真は入口の階段)


注文したのは、お椀を重ねていくタイプの「わんこそば(3,150円/人)。
15杯でもりそば1人前の換算です。
記録は主人(26歳)90杯、私(27歳)37杯、弟(20歳)94杯。

100杯以上の方には、「証明手形(木製)」がいただけるようです。
残念ながら我々は、紙製の証明書。


12:10 お店を後にして、途中岩手山SAに立ち寄りながら青森へと進む。
八戸道と東北道の分岐点で大雨に見舞われつつも、15時に青森市の実家に到着。
車を降りると外気が寒く感じるほど涼しくて驚いた。

さっそく青森市を徒歩で散策。
まずは「青い海公園」。
ここは遊歩道が整備されていて、散歩しながら青森湾に架かる「青森ベイブリッジ」が見えます。


目下の海には、カモメが気持ち良さそうに泳いでいます。

遊歩道を青森物産館アスパム方面へ向かうと、ピラミッド型の建物「青い海公園展望台」がありました。(既に入口は閉まっている様子)



そしてこれが青森物産館アスパム


アスパムの西隣ではねぶた祭りのために設置されていた「ねぶたラッセランド」を見ることができました。
(5月頃、ラッセランドの組立が始まり、祭り本番(8月上旬)ギリギリまでねぶた制作が行われるようです)
アスパム1階は、県内各市町村のイベント情報やお土産が所狭しと並び
2階は、青森体験ホールというスペースがあり、「ねぶた」を見ることができました。
天井に着いてしまうほど大きなねぶたで、見ごたえたっぷりです。


アスパムから歩くこと約5分、青森ベイブリッジをくぐると「青函連絡船 メモリアルシップ八甲田丸」が見えました。(この場所は、かつて函館へと向かう青函連絡船が出航した青森港。青函連絡船を保存・展示したのがこの「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」である。)


青森駅


青森駅の歩道橋から


明日は北海道へ渡ります。

■ コラム ■ 一眼レフカメラ初心者の私たち2人はカメラと奮闘中。
旅を振り返り写真を見ていると、初々しさが伝わってきます。
お時間のある方は写真も楽しんでください。
日々の成長が見れるかもしれません。
Copyrighted by hmjapan 2008~