日本一周 5日目

5日目 2008年8月19日(火)
天気 晴れのち雨
出発地:北海道斜里郡斜里町
宿泊地:北海道上川郡当麻町 オートオアシス(3,500円/ログハウス)
走行距離:450㎞
04:20 起床


朝日より早く起きて朝ごはんを食べるなんてことできない。
そのままダイバーズルームに集合。

後にこれが失敗だったと後悔することになるが・・・。

集合した後、ガイドさんから簡単な説明を受けて同意書にサインして支払いを済ます。(10,000円/人)
防水ズボンとパーカーを渡され、洋服の上から着る。(魚市場の人たちが着ているようなもの)
そして自衛隊の人たちが乗っているような車(荷台に横座り)に乗って海へ出る。
砂利の上でカヤックの乗り方、降り方、パドルの持ち方、こぎ方を習って出陣する。
カヤックを海に浮かべて発進させながら乗った!!

冷たいよ~

カヤックに上手に乗れようが乗れまいが、結局海の中に入って発進させてから乗るから濡れる。
そして、漕ぐことひたすらに・・・
エッチラオッチラ エッチラオッチラ
ガイドさんは何かしゃべってるけど、何も聞こえない。

とにかく休みなくずっと漕いだ 推定往復3㎞。
漕いでいないと船酔いしてしまうのも事実。
復路の時には、朝食を抜いたことを後悔する。

しかし朝日が昇る中、海から見上げる知床半島の大自然には圧倒される。
頑張った分、感動も大きかった。
シーカヤックができてよかった。


キャンプ場に戻ったのは8:30。

9:00までお風呂に入れるはずだったので行ったが断られてしまった。

仕方がないのでカレーを温めながらコインランドリーで洗濯。

10:30 しれとこ自然村を出発。

エゾシカがたくさんいる通りを走る。

11:00 知床五湖を観光(駐車料金410円)
知床五湖は国立公園の特別保護地区でヒグマの生息地です。
お土産屋さんには、知床五湖を空撮した絵葉書と切手がセットになったものが販売されていたので購入。



12:30 知床展望台

13:00 羅臼町のお寿司屋さん『鰍(カジカ)』で昼食
やはりご飯は地元のお店が一番。
若い板前さんがおススメしてくれた幻のブドウ海老も堪能した。
ブドウ海老は深海に生息し産卵数も少ないため「幻の海老」と呼ばれている。全国でブドウ海老漁ができるのは北海道の羅臼漁港のみであり、たった一人の漁師さんしかブドウ海老の生息地を知りません。そして1日にあってもたった1~3kg程しか水揚げされない幻の海老です。
ブドウ海老1匹 1,890円、ウニ丼 2,500円、上生チラシ 2,500円


15:40 裏摩周展望台

15:50 神の子池
倒木が青い水の中に腐らずに化石のように沈んでいる神秘的な池。


20:45 オートオアシス当麻町(3,500円/ログハウス)
大雨が降っていたのでログハウスを借りた。

20:50 オートオアシス前にある温泉(ヘルシーシャトー500円/人)へ。
※当初、『道の駅 とうま』にキャンプ場があるとのことで向かったが、いざ到着してみるとキャンプ場などなく途方にくれた。20時過ぎに道の駅に電話したり町役場に電話したりを繰り返し何とかオートオアシスに到着した。実際は道の駅にキャンプ場があるのではなく少し離れたオートオアシスがキャンプ場であった。(とうまスポーツランドのキャンプ場

その後はカップラーメンで夕飯を済まして、近くのコンビニで翌日の朝食を買出し就寝した。
明日は、合流する友人を迎えに旭川空港へ向かいます。
Copyrighted by hmjapan 2008~