日本一周 23日目

23日目 2008年9月6日(土)
天気 晴れ
出発地:長崎県長崎市
宿泊地:熊本県玉名郡菊水町 道の駅 きくすい 1,150円(利用料50円/人、1,050円/1サイト)
走行距離:350㎞
嫌な予感は的中。

バンガローに泊まっていたのは大学生?と思われる男女。
夜中ずっとどんちゃん騒ぎ。(ここまでなら問題ないのに・・・)
何の罰ゲームなのか4人くらいの男女が酔っ払って外を出歩き
女の子は怖い怖いと騒ぎ出し、泣き出し
それを大丈夫と慰める男の子。
それとは逆に「あ、車の中に人がいる」と私たちの車を指して脅かす男の子。
「いやぁぁぁ&ぎゃぁぁぁぁ」という女の子の叫び声。

なんでこの広いキャンプ場で私たちのテントの前で騒ぐの?
と少しの怒りを覚えながら朝を迎えました。

朝、起きてみると、バンガローは静か。
さすがに就寝したのかな。
さっさとテントを片付けて撤収。

08:15 長崎県民の森キャンプ場 出発。

さて、今日の朝ごはん。
せっかく長崎にいるので長崎ちゃんぽんと皿うどんを食べないと次には行けない。
しかも朝早くときてはどこのお店もやっていない。
観光地なら開店時間も早いかな、と思ってグラバー園に向かってみる。

09:40 グラバー園 に到着。 長崎県長崎市

駐車場に車を停めて(500円)管理人さんに既に開店してる長崎ちゃんぽんのお店はないかと聞く。
少し驚いた表情をしながらも「和泉屋(オランダ物産館)」というお店を紹介してくれました。


開店してすぐだったので準備中だった店内。
大急ぎで店員さんたちが用意してくれました。
長崎ちゃんぽんセット(1,190円)と皿うどん(740円)。


正直、観光客相手のお店だったので期待してなかったけど、野菜がたくさん入ってボリュームもあっておいしかったです。
お腹をいっぱいにして駐車場へ戻る途中、せっかくなので「国宝 大浦天主堂」を撮影。
モノクロにしてみました。


ここを去る頃になると修学旅行生や観光客で活気のある街に変わっていました。
約10年前にもここに来たけど、町並みが全然変わらない。
まるで自分だけが時間を過ごしてしまったような不思議な感覚に捉われました。

10:40 グラバー園近くの駐車場を出発。

今日もひたすら海沿いを走って熊本県を目指します。

10:50 ヴィーナスウィング(女神大橋)の横目に熊本方面へ進みます。


11:20 権現山展望公園 長崎県長崎市

海沿いに「端島(軍艦島)」を臨む。
本当に軍艦に見える。
昭和の象徴がすぐそこにある。
なぜか人を惹きつける不思議な力のある島です。


発起の鐘と展望台からの眺め。


15分ほどで次に向けて再出発です。

13:00 矢上大橋(100円)を渡って雲仙・天草方面に向かいます。

途中、スーパーマーケットに寄りながら車を進めます。

14:30 雲仙岳に登る(仁田峠循環自動車道路)手前にある物産館のようなところで間食。
びわソフトクリーム 350円。
パッションジュース 300円。
カステラサンド 250円。
びわの実アイス 350円。


14:50 雲仙岳に向かいます。
仁田峠循環自動車道路770円(雲仙天草国立公園内にある有料道路)を通ります。
峠道が続くけど、一方通行なので走りやすい。

15:20 雲仙展望所に到着。
展望所から臨む雲仙普賢岳と平成新山を撮影。


ここから少し進むと今度は広い駐車場のある仁田峠に着く。
ここはトイレ、売店、ロープウェイ乗り場がある場所。
私たちは素通りで先に進みます。
有料道路が終えて、熊本県に向けていよいよ走りこみます。
道中、長崎県諫早市内のバス停のアイディアに拍手。


17:15 道の駅 鹿島 に到着。 佐賀県鹿島市
干潟の町の鹿島。
知っている人も多いかもしれないけど、ここはあの有名な「ガタリンピック」会場。
道の駅から臨む干潟。


まもなくお店は閉店時間、総菜屋さんでは安売りをしてました。
手作りパスタとジャガイモの天ぷらで287円。
その他、工芸品のムツゴロウの箸置きは定価の630円でいただきました。

17:30 干潟を後にして熊本方面へ再出発。
まもなく日没を迎える。
今日も暗い中のテント張りだぁ・・・。


今夜のキャンプ地を決めながら走っていると、主人が扇風機がほしいと言い出した。
暑くて眠れないらしい。
まぁ、九州でキャンプしてるんだから当然暑い。
でも暑いのを我慢してもらって機嫌が悪くなられても困るのは私。
仕方なく、街中を通った時にショッピングセンター「you me タウン あらお」で小さな扇風機を手に入れる。

だんだんと暗くなっていく中、「道の駅きくすい」に向けてひたすら走る。
道中、トンボの外灯を見つけ、走行しながら撮影。ぶれた。

20:15 道の駅 きくすい に到着。熊本県玉名郡菊水町
受付で支払いを済ませて暗い中テントを張る。
今日はキャンピングカーが1組。テント組みは私たちのみ。
何だか寂しいキャンプ生活を送ってるな~と感じながらテントを張ってお風呂に行く。
ここの道の駅は「菊水ロマン館」という温泉施設が一緒になっているのでgood。
大浴場300円/人。家族風呂700円。
お値段があまり変わらないので、家族風呂にしてみました。
お風呂からあがってキャンプ場に戻ろうとするとスタッフのおば様に呼び止められ
「お水飲んだ?ここのお水はおいしいんだから飲んでいきなさい」と。
もう一度、ロビーに戻ってお水をいただくと、確かに冷たくて軟水で飲みやすい。
スタッフのおば様に「ありがとう」を言ってキャンプ場に戻る。
夕飯には素麺を食べて、ビールを飲んで就寝。
今日は扇風機があるし、人もいないから静かに快眠できるかな。
Copyrighted by hmjapan 2008~